444株式会社

Pick Up!

Event & News

過去のイベント・ニュースを見る

Service

ハッカソン
イベント
毎月開催中!
   
   
   

TechFUL

TechFUL(テックフル)は、学生や若手ITエンジニアを中心に、プログラミングスキルを診断し、見える化し、成長履歴と就活に役立つサービスです。学歴や資格などに関係なく、技術スキルを定量的に診断し、見せることができます。企業は、リーチしにくい学生ITエンジニアへ、技術スキルを見ながら、就活生だけではなく様々な学年の学生にアプローチできるだけでなく、インターンシップ募集、社内エンジニアの評価としても利用いただけます。

>>もっと詳しく

Concept

Mission
若手ITエンジニアの市場価値を変える!
Vision
ITエンジニアの技術力を見える化し、「採用」「評価」「育成」の問題を解決する
画像:アフロ
Value8
  • #01会社に関わる人たちが幸せになるにはどうすれば良いかを常に考える

  • #02やってみなければわからないのに、やる前に諦めない、言い訳しない

  • #03学ぶ姿勢さえあればどんなことからでも学ぶことができる

  • #04互いの立場を理解し行動する

  • #05仕事に領域はないことを意識する

  • #06スピード感を持って何事にも取り組む

  • #07常に公平公正である

  • #08全てのことを楽しむ

Recruitment

募集要項・応募フォーム

お申し込み

  • 教育機関の方
  • 企業の方

利用目的






「TechFUL(テックフル)」利用規約(加入教育機関向け)
本利用規約(以下「本規約」といいます)は、444株式会社(以下「当社」といいます)が提供する「TechFUL(テックフル)」(以下「本サービス」といいます)を第1条第3号に定める加入教育機関が利用するための条件を定めたものです。本サービスの利用に際しては、本規約を十分に確認いただき、本規約の内容に同意いただく必要があります。

第1条(定義)
 本規約の用語の定義は、本条各号、または本規約内で定めたとおりとします。
 (1) ユーザ
   本サービスに登録し、本条第4号①に定めるサービスを受ける者をいいます。なお、ユーザのうち、加入教育機関に属する学生を以下単に「学生」といいます。
 (2) 加入企業
   本サービスに登録し、本条第4号②に定めるサービスを受ける企業をいいます。
 (3) 加入教育機関
   本サービスに登録し、本条第4号③に定めるサービスを受ける専門学校、プログラミングスクール、大学等をいいます。
 (4) 本サービス
   以下に定める内容、機能により構成されるサービスをいいます。なお、サービスが変更された場合には、変更後のサービスをいいます。
  ①ユーザ向け
   a)ITエンジニア向けに作成されたプログラミングテストを受けることにより自己のプログラミングスキルを測り、ランキング化されるサービス
   b)本条第5号に定める各種イベントに参加して、自己のプログラミングスキルを測り、ランキング化されるサービス
   c)加入企業に対して、ユーザのプログラミングスキルに応じたランキング等を公開し、採用のオファーやインターンシップその他企業が主催するイベント(以下「インターンシップ等」といいます)の参加のオファーを受けることのできるサービス、また採用活動を行う加入企業へ応募、インターンシップ等へ参加の応募をすることができるサービス
d)プログラミングテストの追加情報、本条第5号に定めるイベント開催情報、加入企業の採用活動状況、その他本サービスに関する情報をお知らせするメールマガジンの配信サービス
  ②加入企業向け
   a)ユーザのプログラミングスキルを参照した採用活動、インターンシップ等への参加のオファー、ユーザとの交流を行うことができるサービス
   b)本条第5号に定める各種イベントの実施できるサービス
   c)イベント実施の結果を社内評価等に利用できるサービス
  ③加入教育機関向け(詳細は、第6条をご覧ください)
   a)本条第5号に定めるイベントの実施できるサービス
   b)イベント実施の結果を学生のプログラミングスキルに応じた教育指導、成績評価、就職活動支援等に利用できるサービス
 (5) 各種イベント
   加入企業、加入教育機関、当社が主催者となって、本サービスのシステムを利用して行うプログラミングスキルを測るイベントをいいます。イベントには、ハッカソンのようなものだけでなく、加入企業が従業員の評価等を行うために、または加入教育機関が学生の教育指導、成績評価、就職支援活動等を行うために、社内、学内向けに行われるものもあります。なお、加入企業、加入教育機関がそれぞれ複数で実施する場合や、加入企業、加入教育機関または当社が共同で実施する場合も含みます。
 (6) 管理画面
   学生のユーザ情報、スキルデータ、イベントの参加履歴等が確認でき、また本サービスの機能(各種イベントの立ち上げ・開催、プログラミングテスト問題の作成・登録など)を利用するためのページをいいます。
 (7) アカウント
   管理画面へアクセスするためのログイン用IDおよびパスワードをいいます。
 (8) スキルデータ
   ユーザのプログラミングテストにおける点数、ランキング、解答内容等をいいます。
 (9) ユーザ情報
   ユーザの氏名、年齢、学校名(在学中の場合は学年、既卒の場合は卒業年度も含む)、各種イベントへの参加履歴(各種イベントにおけるスキルデータも含む)等をいいます。

第2条(適用)
1. 本規約は、本サービスを加入教育機関に提供するにあたり、本サービスの提供条件及び本サービスの利用に関する当社と加入教育機関との間の権利義務関係を定めることを目的とし、当社と加入教育機関との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。
2. 加入教育機関は本サービスを本規約に従い利用するものとします。
3. 本規約のほか、当社が本サービスに関するルール、ガイドライン等を定めた場合、これらは本規約の一部を構成するものとします。

第3条(登録)
1. 本サービスを利用しようとする者は、本規約を遵守することに同意したうえ、当社所定の手続に従い、加入教育機関の情報、その他当社が求める情報(以下「登録情報」といいます)を当社に通知し、加入教育機関として登録を行うものとします。
2. 前項に定める登録の完了時に、本規約を内容とする本サービスについての利用契約(以下「本利用契約」という)が当社と加入教育機関の間に成立するものとします。
3. 当社は、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、加入教育機関としての登録及び再登録を拒否することができるものとします。また、当社は、その理由について一切開示義務を負わないものとします。
 (1) 当社に提供した登録情報の一部または全部につき虚偽、誤記または記載漏れがあった場合
 (2) 登録情報に不適切な表現、内容が含まれる場合
(3) 登録希望者が過去当社との契約に違反した者またはその関係者であると当社が判断した場合
(4) 第13条に定める措置を受けたことがある場合
(5) その他、当社が登録を適当でないと判断した場合

第4条(登録情報の変更)
加入教育機関は、登録情報に変更があった場合、当社の定める方法により当該変更事項を遅滞なく当社に通知するものとします。

第5条(アカウントの管理)
1. 加入教育機関は、自己の責任において、本サービスに関するアカウントを適切に管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させ、または貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。
2. 当社は、アカウントによる管理画面等へのアクセスの全てを加入教育機関によるアクセスとみなします。
3. 加入教育機関は、アカウントの盗難、失念または第三者による利用を知ったときは、直ちに当社に連絡するものとします。
4. 当社は、加入教育機関に対し、加入教育機関に従事する先生、講師等(以下「先生等」といいます)が使用するために、機能が限定されたアカウントを新たに発行することはあります。当該アカウントについても本規約は適用されるものとします。
5. アカウントの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任は加入教育機関自らが負うものとし、当社は一切の責任を負いません。

第6条(加入教育機関向けサービス)
1. 加入教育機関は、各種イベントを実施することができます。
2. 加入教育機関は、本サービスを通じて各種イベントで出題するプログラミングテスト用の問題(模範解答も含みます。以下「テスト問題」といいます)を作成、登録することができます。
3. 加入教育機関は、各種イベントを通じて測定されたスキルデータを学生の教育指導、成績評価、就職支援活動等に利用することができます。
4. 当社は、本サービスに関する情報をお知らせするメールマガジンの配信を行います。加入教育機関はメールマガジンの受信を承諾するものとします。メールマガジンの受信を解除する場合には、当社所定の解除手続きを行うものとします。
5. 加入教育機関は、各種イベントの様子を撮影した画像、動画等を当社が本サービスの宣伝のために無償で利用することをあらかじめ承諾するものとします。なお、イベントの様子として学生、先生等の肖像・氏名が含まれる場合には、加入教育機関は当該学生、先生等の肖像・氏名の使用について当該学生、先生等から加入教育機関の責任において許可を得ておくものとします。

第7条(テスト問題の著作権等)
1. 加入教育機関は、作成したテスト問題に著作権が発生する場合、テスト問題の登録と同時に、無償にて当社へ著作権(著作権法第27条及び第28条に定める権利を含む。以下同じ)を譲渡するものとします。また、先生等や加入教育機関から委託を受けた者がテスト問題を作成した場合であっても、加入教育機関は当該作成者から著作権の譲渡を受け、当社に対して譲渡するものとします。なお、加入教育機関は当該テスト問題について著作者人格権を行使せず、また当該作成者に行使させないものとします。
2. 前項にかかわらず、加入教育機関は、加入教育機関内に限り、テスト問題をプログラミングテスト等で利用することができるものします。
3. 加入教育期間は、当社に対し、作成したテスト問題が第三者の著作権その他知的財産権を侵害するものでないことを保証するものとします。万が一、当該テスト問題に関し、第三者との間で紛争が生じた場合、加入教育機関の責任と費用負担において解決するものとし、当社に発生した損害の一切を賠償するものとします。

第8条(学生との関係)
1. 加入教育機関が、各種イベントを実施するため、自己に所属する学生に対して、本サービスのユーザ登録を案内する場合、当社所定の本サービスに関するユーザ向けの利用規約の内容を十分に理解させたうえで、ユーザ登録を行わせるものとします。
2. 加入教育機関は、学生のスキルデータ、ユーザ情報を個人情報保護法その他の法令及び個人情報保護法に関するガイドラインに基づき、適正に取扱うものとします。
3. 当社は、学生のスキルデータ、ユーザ情報の取り扱いについて、加入教育機関と学生との間に紛争が生じても、一切責任を負いません。

第9条(禁止事項)
加入教育機関は、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当し、または該当すると当社が判断する行為をしてはなりません。
 (1) 法令に違反する行為または犯罪行為に関連する行為
(2) 本規約に違反する行為
 (3) 公序良俗に反する行為
 (4) プログラミングテストの内容、解答例を公開する等、プログラミングテスト対策を公表する行為
 (5) 当社が許諾した数以上のアカウントを設定する行為
(7) プログラミングテストを本人でない学生に受けさせる行為、または学生に解答内容等を教えながらプログラミングテストを受けさせる行為
 (8) その他プログラミングテストにおける不正行為、または不正を促す行為
 (9) 学生のスキルデータ、ユーザ情報を加入企業、本サービスに登録していない企業、その他第三者(但し、学生の親権者等の法定代理人は除く)に対し、本サービスを通じることなく開示する行為
(10)当社、本サービスの他の利用者またはその他の第三者の著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、またはそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。以下まとめて「知的財産権」といいます)、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利または利益を侵害する行為
 (11)虚偽の登録情報を当社に提供する行為
 (12)本サービスのネットワークまたはシステム等に過度な負荷をかける行為
 (13)本サービスの運営を妨害するおそれのある行為
(14)当社のネットワークまたはシステム等に不正にアクセスし、または不正なアクセスを試みる行為
 (15)第三者に成りすます行為
 (16)自己以外のアカウントを利用する行為
 (17)当社が事前に許諾しない本サービス上での宣伝、広告、勧誘、または営業行為
 (18)本サービスの他の利用者の情報の収集
(19)当社、本サービスの他の利用者またはその他の第三者に不利益、損害、不快感を与える行為
 (20)反社会的勢力等への利益供与
 (21)面識のない異性との出会いを目的とした行為
 (22)前各号の行為を直接または間接に惹起し、または容易にする行為
 (23)その他、当社が不適切と判断する行為

第10条(本サービスの停止等)
1. 当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合には、加入教育機関に事前に通知することなく、本サービスの一部または全部の提供を停止または中断することができるものとします。
 (1) 本サービスに係るコンピューター・システムの点検または保守作業を緊急に行う場合
 (2) コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合
(3) 地震、落雷、火災、風水害、停電、天災地変等の不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
 (4) その他、当社が停止または中断を必要と判断した場合
2. 当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づき加入教育機関に生じた損害について一切の責任を負いません。

第11条(第三者サイトおよびリンク)
1. 本サービス上において、当社の管理するウェブサイト以外のウェブサイト(以下「第三者サイト」といいます)へのリンクが掲載される場合があります。当社は、第三者サイトおよび当該サイトへのリンクに掲載される情報について完全性、正確性、有用性を有するものであることの保証を行わないものとします。
2. 加入教育機関は、第三者サイトおよび当該サイトへのリンクに掲載される情報を利用する場合、自己の責任と費用において、当該情報の内容、利用規約等について確認したうえ、必要に応じてセキュリティ措置を講じる等をして利用するものとします。

第12条(権利帰属)
1. 本サービスにおいて当社が加入教育機関に提供する、画像・映像・文章・プログラムその他一切の情報(以下「コンテンツ」といいます)に関する知的財産権は、当社または当社にその利用を許諾した者(以下「ライセンサー」といいます)に帰属します。
2. 本規約に基づく本サービスの利用許諾は、本サービスに関する当社または当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の使用許諾を意味するものではなく、本規約で認められた範囲を超えて、コンテンツを複製、送信その他の態様で利用してはならず、第三者に利用させてはならないものとします。
3. 加入教育機関は、本サービスに関する知的財産権について、その登録を出願し、移転を申請し、または行使してはならないものとします。また、加入教育機関は、先生等にも同様の行為をさせないものとします。

第13条(登録抹消等)
1. 当社は、加入教育機関が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知または催告することなく、本サービスの利用を一時的に停止し、または加入教育機関としての登録を抹消、もしくは本利用契約を解除することができます。
 (1) 本規約に違反した場合
 (2) 登録情報に虚偽の事実があることが判明した場合
(3) 支払停止もしくは支払不能となり、または破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始もしくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
 (4) 6ヶ月以上本サービスの利用がない場合
(5) 当社からの問い合わせその他の回答を求める連絡をしても、30日間以上加入教育機関と連絡がとれない場合
 (6) 第3条第3項各号に該当する場合
(7) その他、当社が本サービスの利用、加入教育機関としての登録、または本利用契約の継続を適当でないと判断した場合
2. 前項各号のいずれかの事由に該当した場合、加入教育機関は、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。
3. 当社は、本条に基づき当社が行った行為により加入教育機関に生じた損害について一切の責任を負いません。

第14条(本利用契約の解除)
1. 加入教育機関は、当社所定の方法で当社に通知することにより、本利用契約を解除することができるものとします。
2. 加入教育機関は、本利用契約の解除にあたり、当社に対して負っている債務が有る場合は、当該債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。
3. 本利用契約解除後の加入教育機関の情報の取扱いについては、第19条の規定に従うものとします。

第15条(本サービスの内容の変更、終了)
1. 当社は、当社の都合により、本サービスの内容を変更し、または提供を終了することができるものとします。当社が本サービスの提供を終了する場合、当社は加入教育機関に事前に通知するものとします。
2. 当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づき加入教育機関に生じた損害について一切の責任を負いません。

第16条(反社会勢力の排除)
1. 加入教育機関は、本利用契約成立時および本利用契約成立後において、自らが暴力団、暴力団員、暴力団準構成員、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロもしくは特殊知能暴力集団等、またはこれらの共生者、その他これらに準ずる者(以下、総称して「反社会的勢力」という)ではないこと、反社会的勢力の支配・影響を受けていないこと、ならびに自らの役員、従業員、および関係者等が反社会的勢力の構成員、またはその関係者ではないことを表明し、保証するものとします。
2. 加入教育機関が次の各号のいずれかに該当することが合理的に認められた場合、当社はなんら催告することなく本利用契約を解除することができるものとします。
  (1) 反社会的勢力に属していること
  (2) 反社会的勢力が経営に実質的に関与していこと
  (3) 反社会的勢力を利用していること
  (4) 反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていること
  (5) 反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していること
  (6) 自らまたは第三者を利用して、当社または当社の関係者に対し、脅迫的な言動をし、または暴力を用いたこと
3. 前項各号のいずれかに該当した加入教育機関は、当社が当該解除により被った損害を賠償する責任を負うものとし、自らに生じた損害の賠償を当社に求めることはできないものとします。

第17条(保証の否認及び免責)
1. 当社は、本サービスが加入教育機関の特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性を有すること、加入教育機関による本サービスの利用が加入教育機関に適用のある法令または業界団体の内部規則等に適合すること、及び不具合が生じないことについて、何ら保証しないものとします。
2. 当社は、当社による本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能または変更、加入教育機関の登録の抹消、本サービスの利用による登録データの消失または機器の故障もしくは損傷、その他本サービスに関して加入教育機関が被った損害につき、賠償する責任を一切負いません。
3. 何らかの理由により当社が責任を負う場合であっても、当社は、加入教育機関の損害につき、付随的損害、間接損害、特別損害、将来の損害及び逸失利益にかかる損害については、賠償する責任を負いません。
4. 本サービスに関連して加入教育機関と他の加入教育機関または第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、当社は一切責任を負いません。

第18条(秘密保持)
加入教育機関は、本サービスに関連して当社が加入教育機関に対して秘密に取り扱うべきことを求めて開示した非公知の情報について、当社の事前の書面による承諾がある場合を除き、秘密に取り扱うものとします。

第19条(加入教育機関情報の取扱い)
1. 当社による加入教育機関情報の取扱いについては、別途当社プライバシーポリシーの定めによるものとし、加入教育機関はこのプライバシーポリシーに従って当社が加入教育機関情報を取扱うことについて同意するものとします。
2. 当社は、加入教育機関が当社に提供した情報、データ等を、個人を特定できない形での統計的な情報として、当社の裁量で、利用及び公開することができるものとし、加入教育機関はこれに異議を唱えないものとします。

第20条
(本サービスに関する情報)
1. 当社は、次の事項のいずれかに該当する場合、加入教育機関の本サービスに関する情報を閲覧した上で、削除、移動その他一切の変更を行うことができます。
 (1) 本サービスの提供が終了した場合
 (2) 本サービスを当社または第三者により運営される他のサービスに引き継ぐ場合
 (3) 加入教育機関が本規約に違反したと当社が判断した場合
 (4) 当社が、本サービスの運営・保守管理上必要であると判断した場合
(5) 当該加入教育機関に関する情報で、過去1年分を超えた場合
(6) データサイズが所定の水準を超える等、技術的な理由により情報の維持が困難となった場合
 (7) その他、当社が必要と判断した場合
2. 当社は、加入教育機関に対し、本サービスに関する情報の変更を行う義務を負いません。
3. 当社は、第1項に基づき情報の変更を実施し、または実施しなかったことにより加入教育機関または第三者に生じた損害につき、当社に故意または重過失がある場合を除き、一切の責任を負いません。

第21条(本規約等の変更)
当社は、本規約を変更できるものとします。当社は、本規約を変更した場合には、加入教育機関に当該変更内容を通知するものとし、当該変更内容の通知後、加入教育機関が本サービスを利用した場合または変更後30日以内に本利用契約の解除手続をとらなかった場合には、加入教育機関は、本規約の変更に同意したものとみなします。

第22条(連絡/通知)
本サービスに関する問い合わせその他加入教育機関から当社に対する連絡または通知は、当社の定める方法で行うものとし、本規約の変更に関する通知その他当社から加入教育機関に対する連絡または通知は、電子メール、本サービス上における掲示その他当社の定める方法で行うものとします。

第23条(本利用契約上の地位の譲渡等)
1. 加入教育機関は、当社の書面による事前の承諾なく、本利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
2. 当社は本サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合には、当該事業譲渡に伴い本利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに加入教育機関の登録情報その他の顧客情報を当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、加入教育機関は、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第24条(分離可能性)
本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第25条(準拠法及び管轄裁判所)
1. 本規約及び本利用契約の準拠法は、「法の適用に関する通則法」(同旨の法律も含みます)にかかわりなく、日本法とします。
2. 本規約または本利用契約に起因し、または関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
【2018年1月1日最終更新】

利用目的





TechFUL利用規約 (企業向け)
本TechFUL利用規約(企業向け)(以下「本規約」といいます。)には、444株式会社(以下「当社」といいます。)の提供する本サービス(第2条に定義)のご利用にあたり、利用企業(第2条に定義)の皆様に遵守していただかなければならない事項及び当社と利用企業の皆様との間の権利義務関係が定められております。本サービスをご利用になる方は、本規約に同意する前に、必ず全文お読み下さいますようお願い致します。

第1条 適 用
1. 本規約は、本サービス(第2条に定義)の利用に関する当社と利用企業との間の権利義務関係を定めることを目的とし、利用企業と当社の間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。
2. 当社が当社ウェブサイト(第2条に定義)上で随時掲載する本サービスに関するルール、諸規定等は本規約の一部を構成するものとします。

第2条 定 義
本規約において使用する以下の用語は各々以下に定める意味を有するものとします。
(1)  「アプローチ」とは、候補者に対して、当該候補者を採用することを目的として、本サービス上で連絡をとる行為を意味します。
(2)  「候補者」とは、第5条第1項において定義された「候補者」を意味します。
(3) 「採用」とは、正社員、アルバイト、業務委託、インターンシップその他契約形態を問わず、候補者と利用企業との間で候補者が労務を提供することに関する契約を締結することを意味します。
(4) 「知的財産権」とは、著作権、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)を意味します。
(5) 「当社ウェブサイト」とは、そのドメインが「https://procon.techful.jp/ 」である当社が運営するウェブサイト(理由の如何を問わず当社のウェブサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のウェブサイトを含みます。)を意味します。
(6)  「当社問題」とは、当社又は当社にライセンスを許諾した者が作成したユーザーのプログラミングスキルを評価するための問題を意味します。
(7) 「本イベント」とは、利用企業が本サービスを通じて、本サービス上又は利用企業、当社若しくは本サービスを利用する学校が指定する場所で開催することができる、プログラミングコンテスト、採用時のスキルテスト、社内向けのスキルテストその他のイベントを意味します。
(8) 「本サービス」とは、当社が提供する「TechFUL(テックフル)」という名称のユーザーに関する情報の提供及びプログラミングスキルの評価等に関するサービス(理由の如何を問わずサービスの名称又は内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含みます。)を意味します。
(9) 「本チャット機能」とは、当社が利用企業及びユーザーに対して提供する、利用企業とユーザーとの間において、本サービス上で連絡をとることができる機能を意味します。
(10) 「本申込書」とは、利用希望企業が本サービスの利用を申し込む際に使用する当社所定の申込書を意味します。
(11) 「ユーザー」とは、別途当社が定める「「TechFUL(テックフル)」利用規約(ユーザー向け)」の内容に同意して、本サービスのユーザーとして登録した学生、エンジニア等の本サービスの利用者を意味します。
(12) 「ユーザー情報」とは、ユーザーの本サービス上での表示名、氏名、居住する都道府県その他のユーザーに関する情報であって、本サービス上において掲載される情報を意味します。
(13) 「利用希望企業」とは、第3条第1項において定義された「利用希望企業」を意味します。
(14) 「利用契約」とは、第3条第4項において定義された「利用契約」を意味します。
(15) 「利用企業」とは、第3条に基づき当社との間で利用契約を締結した法人を意味します。
(16) 「利用企業情報」とは、第3条第1項において定義された「利用企業情報」を意味します。
(17) 「利用料金」とは、第7条第1項において定義された「利用料金」を意味します。

第3条 利用申込
1. 本サービスの利用を希望する者(以下「利用希望企業」といいます。)は、本規約を遵守することに同意し、かつ当社の定める一定の情報(以下「利用企業情報」といいます。)を本申込書に記載して当社に提供することにより、当社に対し、本サービスの利用を申し込むことができます。
2. 利用の申込みは必ず本サービスを利用する法人自身が行わなければならず、原則として代理人による利用申込は認められません。また、利用希望企業は、利用の申込みにあたり、真実、正確かつ最新の情報を当社に提供しなければなりません。
3. 当社は、第1項に基づき利用を申し込んだ者が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、本サービスの利用を拒否することがあります。
(1) 本規約に違反するおそれがあると当社が判断した場合
(2) 当社に提供された利用企業情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合
(3) 過去に当社と締結した契約を解除された者である場合
(4) 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ。)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行っていると当社が判断した場合
(5) その他、当社が本サービスの利用を適当でないと判断した場合
4. 当社は、前項その他当社の基準に従って、利用希望企業の本サービスの利用の可否を判断し、当社が利用を認める場合にはその旨を利用希望企業に通知します。かかる通知により本規約の諸規定に従った本サービスの利用にかかる契約(以下「利用契約」といいます。)が利用企業と当社の間に成立します。
5. 利用企業は、利用企業情報に変更があった場合は、遅滞なく、当社の定める方法により、当該変更事項を当社に通知し、当社から要求された資料を提出するものとします。

第4条 本サービスの利用
1. 利用企業は、利用契約の有効期間中、本規約に従って、当社の定める方法に従い、本サービスを利用することができます。
2. 利用企業は、当社の定める方法により、本サービス上に掲載されているユーザー情報を閲覧することができます。

第5条 ユーザーの採用
1. 利用企業は、特定のユーザーを採用することを希望する場合には、当社の定める方法により、当該ユーザー(以下「候補者」といいます。)に対して、本サービス上でアプローチを行うことができます。
2. 利用企業は、前項のアプローチに対して候補者が応諾した場合には、当該候補者の氏名、生年月日その他の当社が定める特定のユーザー情報を閲覧することができます。
3. 利用企業は、前項による候補者からの応諾を受けた場合には、本チャット機能を利用して、候補者に対して、当該候補者の採用に向けた連絡をとることができます。但し、利用企業は、候補者が当該連絡に対し返信しない場合があることを予め承諾するものとします。
4. 利用企業は、本サービスを通じて候補者を採用することを決定した場合には、当該決定後10日以内に当該候補者の採用条件通知書又はこれに準じる書面を当社に対して当社の定める方法により送付するものとします。
5. 利用企業は、本申込書に定める採用上限人数を超えて、候補者を採用することはできないものとします。

第6条 本イベントの開催
1. 利用企業は、本サービス上において、当社の定める方法により、問題文、ジャンル、目標タイム、難易度その他の当社の指定する情報を入力することにより本イベントにおいてユーザーに対して出題するプログラミングに関する問題を作成することができます。
2. 利用企業は、本サービスを通じて、本サービス上又は利用企業、当社若しくは本サービスを利用する学校が指定する場所において、当社の定める方法により、本イベントを開催し、前項に基づき作成した利用企業独自の問題又は当社問題をユーザーに対して出題することができます。
3. 利用企業は、前項に基づき利用企業が出題した問題に関して、ユーザーが解答したプログラミングコード、ランキングその他の当社が提供する結果を本サービス上において確認することができます。
4. 利用企業は、本申込書に定める開催上限数を超えて、本イベントを開催することはできないものとします。

第7条 料金及び支払方法
1. 利用企業は、本サービスの利用の対価として、本申込書記載の利用料金及びこれらに対する消費税相当額(以下「利用料金」といいます。)を、本申込書記載の支払期日及び支払方法で、当社に支払うものとします。なお、年若しくは月の途中で利用契約が開始した場合又は年若しくは月の途中で利用契約が終了した場合でも、日割り計算は行なわず、利用企業は、利用料金全額を支払うものとします。振込手数料その他支払に必要な費用は利用企業の負担とします。
2. 利用企業が利用料金の支払を遅滞した場合、利用企業は年14.6%の割合による遅延損害金を当社に支払うものとします。
3. 利用契約の解除、本サービスの利用若しくは提供の停止、中断又は終了その他いかなる場合でも、当社は受領済みの利用料金を利用企業に返還せず、利用企業は既に支払義務の発生した利用料金(支払時期の到来の有無を問わないものとします。)の支払を免れないものとします。

第8条 アカウント情報の管理
1. 利用企業は、自己の責任において、本サービスにかかるID及びパスワード(以下「アカウント情報」といいます。)を管理及び保管するものとし、これを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。
2. アカウント情報の管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等による損害の責任は利用企業が負うものとし、当社は一切の責任を負いません。
3. 利用企業は、 アカウント情報が盗まれ、又は第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。

第9条 禁止行為
1. 利用企業は、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはなりません。
(1) 当社、又は他の利用企業その他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為(かかる侵害を直接又は間接に惹起する行為を含みます。)
(2) 本サービスにより提供されるデータ(当社問題を含みますが、これに限られません。)を当社の承諾なく複製又は本サービス外で利用する行為
(3) 本サービス上において、当社又は第三者の知的財産権を侵害する方法でプログラミングに関する問題を作成する行為
(4)  本サービス上で認められる方法以外の方法でユーザーの氏名、住所その他の個人情報を特定する行為
(5)  候補者の採用に関する情報について、虚偽の情報を当社に対して通知する行為その他採用の事実を隠蔽する行為
(6)  本チャット機能による候補者とのやり取りにおいて、虚偽の事実を送信する行為
(7)  ユーザーに対して本サービス外で連絡をする行為
(8)  候補者からの連絡に返答しない、正当な理由なく候補者との面談をキャンセルする等、候補者に対する不誠実な行為
(9) 利用企業による採用を断った候補者に対してアプローチを継続する行為
(10) 本サービスと同種又は類似のサービスを提供する行為
(11) 犯罪行為に関連する行為又は公序良俗に反する行為
(12) 猥褻な情報又は青少年に有害な情報を送信する行為
(13) 異性交際に関する情報を送信する行為
(14) 法令又は当社若しくは利用企業が所属する業界団体の内部規則に違反する行為
(15) コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信する行為
(16) 本サービスに関し利用しうる情報を改ざんする行為
(17) 当社が定める一定のデータ容量以上のデータを本サービスを通じて送信する行為
(18) 当社による本サービスの運営を妨害するおそれのある行為
(19) その他、当社が不適切と判断する行為
2. 当社は、本サービスにおける利用企業の行為が前項各号のいずれかに該当し、又は該当するおそれがあると当社が判断した場合には、利用企業に事前に通知することなく、以下の各号に定める措置を単独で、又は複数組み合わせて講じることができるものとします。当社は、本項に基づき当社が行った措置に基づき利用企業に生じた損害について一切の責任を負いません。
(1) 本サービス上に保存されたデータの全部又は一部の削除
(2) 本サービスの機能の全部又は一部の利用の制限
(3)  本サービスの提供の中断又は停止
(4)  利用契約の解除

第10条 直接採用の禁止
1. 利用企業は、第5条第1項に基づきアプローチした候補者との間において、自ら又は第三者をして、本サービスを介さずに直接に採用を行ってはならず、また、候補者に当該採用をもちかけてはならないものとします。
2.  前項の規定に違反した場合、利用企業は、当社に対し、本申込書記載の利用料金の3倍の金額を違約金として支払わなければならないものとします。本項の規定は、当社の利用企業に対する当該違約金の額を超える損害賠償請求を妨げるものではありません。

第11条 本サービスの停止等
1. 当社は、以下のいずれかに該当する場合には、利用企業に事前に通知することなく、本サービスの利用の全部又は一部を停止又は中断することができるものとします。
(1) 本サービスに係るコンピューター・システムの点検又は保守作業を定期的又は緊急に行う場合
(2) コンピューター、通信回線等が事故により停止した場合
(3) 火災、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合
(4) その他、当社が停止又は中断を必要と判断した場合
2. 当社は、当社の都合により、本サービスの提供を終了することができます。この場合、当社は利用企業に事前に通知するものとします。
3. 当社は、本条に基づき当社が行った措置に基づき利用企業に生じた損害について一切の責任を負いません。

第12条 設備の負担等
1. 本サービスの提供を受けるために必要な、コンピューター、ソフトウェアその他の機器、通信回線その他の通信環境等の準備及び維持は、利用企業の費用と責任において行うものとします。
2. 利用企業は自己の本サービスの利用環境に応じて、コンピューター・ウィルスの感染の防止、不正アクセス及び情報漏洩の防止等のセキュリティ対策を自らの費用と責任において講じるものとします。
3. 利用企業は、本サービスの利用開始に際し又は本サービスの利用中に、当社ウェブサイトからのダウンロードその他の方法によりソフトウェア等を利用企業のコンピューター等にインストールする場合には、利用企業が保有する情報の消滅若しくは改変又は機器の故障、損傷等が生じないよう十分な注意を払うものとし、当社は利用企業に発生したかかる損害について一切責任を負わないものとします。
4. 当社は、利用企業が第1項又は第2項に違反したことによる、利用企業が本サービス上において保存する情報の消滅、改変又は流出、その他本サービスに関連して利用企業に発生した損害について一切責任を負わないものとします。

第13条 権利帰属
1. 当社ウェブサイト、当社問題及び本サービスに関する所有権及び知的財産権は全て当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に定める本サービスの利用許諾は、本規約において明示されているものを除き、当社ウェブサイト又は本サービスに関する当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の譲渡又は使用許諾を意味するものではありません。利用企業は、いかなる理由によっても当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権を侵害するおそれのある行為(逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングを含みますが、これに限定されません。)をしないものとします。
2. 当社ウェブサイト又は本サービスにおいて、利用企業が保存、作成等を行ったプログラミングに関する問題、文章、画像、動画その他のデータについては、利用企業又は利用企業にライセンスを許諾している者に権利が留保されるものとしますが、当社において、本サービス上で、無償で利用することができるものとします。
3. 当社は、利用企業による本サービスの利用に関するデータ(利用企業が開催した本イベントに関するユーザーのランキング、解答結果等のデータを含みますが、これに限られません。)を基に企業名又は個人名を特定できない方法で統計情報を作成し、これを本サービスの改善その他の本サービスの提供に必要な範囲において、利用又は公表することができます。

第14条 当社による閲覧等
当社は、利用企業が第9条第1項各号のいずれか又は第10条に該当し、又は該当するおそれがあると当社が判断した場合その他当社が必要と判断した場合には、利用企業と候補者間の本チャット機能を利用したメッセージその他の利用企業の情報を閲覧又は確認することができるものとし、利用企業は予めこれに同意するものとします。

第15条 解除等
1. 当社は、利用企業が、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知又は催告することなく、当該利用企業について本サービスの利用を一時的に停止し、又は利用契約を解除することができます。
(1) 本規約のいずれかの条項に違反した場合
(2) 利用企業情報に虚偽の事実があることが判明した場合
(3) 当社、他の利用企業その他の第三者に損害を生じさせるおそれのある目的又は方法で本サービスを利用した、又は利用しようとした場合
(4) 手段の如何を問わず、本サービスの運営を妨害した場合
(5) 支払停止若しくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始若しくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合
(6) 自ら振出し、若しくは引受けた手形若しくは小切手につき、不渡りの処分を受けた場合、又は手形交換所の取引停止処分その他これに類する措置を受けた場合
(7) 差押、仮差押、仮処分、強制執行又は競売の申立てがあった場合
(8) 租税公課の滞納処分を受けた場合
(9) 解散したとき(合併による場合を除きます。)、清算開始となったとき、又は事業の全部(実質的に全部の場合を含みます。)を第三者に譲渡した場合
(10) 監督官庁から営業停止又は営業免許若しくは営業登録の取消等の処分を受けた場合
(11)  資産、信用状態が悪化し、又はそのおそれがあると認められる相当の理由がある場合
(12) 6ヶ月以上本サービスの利用がなく、当社からの連絡に対して応答がない場合
(13) 第3条第3項各号に該当する場合
(14) その他、当社が利用企業としての利用の継続を適当でないと判断した場合
2. 前項各号のいずれかの事由に該当した場合、利用企業は、当社に対して負っている債務の一切について当然に期限の利益を失い、直ちに当社に対して全ての債務の支払を行わなければなりません。
3. 当社は、本条に基づき当社が行った行為により利用企業に生じた損害について一切の責任を負いません。
4. 利用契約が終了した場合、利用企業は、当社の指示に基づき、当社から提供を受けた本サービスに関連するソフトウェア、マニュアルその他の物につき、返還、廃棄その他の処分を行うものとします。

第16条 保証の否認及び免責
1. 当社は、利用企業にとって有用な情報を提供するよう努めますが、ユーザーのプロフィール、ランキング、スキル評価等のユーザーに関する情報、当社問題その他本サービスで提供される情報につき如何なる保証も行うものではなく、利用企業は、自己の責任において当該情報の利用又は候補者の採用等を行うものとします。本サービスは現状有姿で提供されるものであり、当社は本サービスについて、特定の目的への適合性、商業的有用性、完全性、継続性等を含め、一切保証を致しません。
2. 利用企業は、本サービス上でプログラミングに関する問題を作成するにあたっては、第三者の知的財産権を侵害しない方法で行うものとし、自己の責任において、当該問題又は当社問題を本イベント内で利用するものとします。当社は、これらの問題の内容等について一切責任を負いません。
3. 当社は、利用企業が本サービスを利用することにより、候補者を採用できることを保証するものではありません。
4. 利用企業が当社から直接又は間接に、本サービス、当社ウェブサイト、本サービスの他の利用企業その他の事項に関する何らかの情報を得た場合であっても、当社は利用企業に対し本規約において規定されている内容を超えて如何なる保証も行うものではありません。
5. 利用企業は、本サービスを利用することが、利用企業に適用のある法令、業界団体の内部規則等に違反するか否かを自己の責任と費用に基づいて調査するものとし、当社は、利用企業による本サービスの利用が、利用企業に適用のある法令、業界団体の内部規則等に適合することを何ら保証するものではありません。
6. 本サービス又は当社ウェブサイトに関連して利用企業と他の利用企業、ユーザーその他の第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、利用企業の責任において処理及び解決するものとし、当社はかかる事項について一切責任を負いません。
7. 当社は、当社による本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能又は変更、利用企業のメッセージ又は情報の削除又は消失、利用契約の解除、本サービスの利用によるデータの消失又は機器の故障若しくは損傷、その他本サービスに関連して利用企業が被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。
8. 当社ウェブサイトから他のウェブサイトへのリンク又は他のウェブサイトから当社ウェブサイトへのリンクが提供されている場合でも、当社は、当社ウェブサイト以外のウェブサイト及びそこから得られる情報に関して如何なる理由に基づいても一切の責任を負わないものとします。
9. 当社は、本サービスに関連して利用企業が被った損害について、一切賠償の責任を負いません。何らかの理由により当社が利用企業に対して損害賠償責任を負う場合においても、当社の賠償責任は、損害の事由が生じた時点から遡って過去1年間に利用企業から現実に受領した本サービスの利用料金の総額を上限とします。

第17条 利用企業の賠償等の責任
1. 利用企業は、本規約に違反することにより、又は本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、当社に対しその損害を賠償しなければなりません。
2. 利用企業が、本サービスに関連して他の利用企業、ユーザーその他の第三者からクレームを受け又はそれらの者との間で紛争を生じた場合には、直ちにその内容を当社に通知するとともに、利用企業の費用と責任において当該クレーム又は紛争を処理し、当社からの要請に基づき、その経過及び結果を当社に報告するものとします。
3. 利用企業による本サービスの利用に関連して、当社が、他の利用企業、ユーザーその他の第三者から権利侵害その他の理由により何らかの請求を受けた場合は、利用企業は当該請求に基づき当社が当該第三者に支払を余儀なくされた金額を賠償しなければなりません。

第18条 秘密保持
1. 本規約において「秘密情報」とは、利用契約又は本サービスに関連して、当社及び利用企業が、相手方より書面、口頭若しくは記録媒体等により提供若しくは開示されたか、又は知り得た、相手方の技術、営業、業務、財務、組織、その他の事項に関する全ての情報を意味します。但し、(1)相手方から提供若しくは開示がなされたとき又は知得したときに、既に一般に公知となっていた、又は既に知得していたもの、(2) 相手方から提供若しくは開示又は知得した後、自己の責めに帰せざる事由により刊行物その他により公知となったもの、(3)提供又は開示の権限のある第三者から秘密保持義務を負わされることなく適法に取得したもの、(4)秘密情報によることなく単独で開発したもの、(5) 相手方から秘密保持の必要なき旨書面で確認されたものについては、秘密情報から除外するものとします。
2. 当社及び利用企業は、秘密情報を本サービスの提供又は利用の目的のみに利用するとともに、相手方の書面による承諾なしに第三者に相手方の秘密情報を提供、開示又は漏洩しないものとします。
3. 第2項の定めに拘わらず、当社及び利用企業は、法律、裁判所又は政府機関の命令、要求又は要請に基づき、秘密情報を開示することができます。但し、当該命令、要求又は要請があった場合、速やかにその旨を相手方に通知しなければなりません。
4. 当社及び利用企業は、秘密情報を記載した文書又は磁気記録媒体等を複製する場合には、事前に相手方の書面による承諾を得ることとし、複製物の管理については第2項に準じて厳重に行うものとします。
5. 当社及び利用企業は、相手方から求められた場合にはいつでも、遅滞なく、相手方の指示に従い、秘密情報並びに秘密情報を記載又は包含した書面その他の記録媒体物及びその全ての複製物を返却又は廃棄しなければなりません。

第19条 ユーザーの個人情報保護
1. 利用企業は、ユーザーの個人情報を取得した場合には、これを秘密に保持し、第三者に開示又は漏洩してはならず、また本サービスを利用する目的以外に使用してはならないものとします。但し、利用企業において採用したユーザーの個人情報についてはこの限りではありません。
2. 利用企業は、採用しなかったユーザーに関する個人情報並びに当該個人情報を記載又は包含した書面その他の記録媒体物及びその全ての複製物について、当該ユーザーが採用に応じない意思を明確に示した場合又は当社が請求した場合には、遅滞なく、廃棄しなければなりません。

第20条 有効期間
利用契約の有効期間は、本申込書記載の期間とします。

第21条 本規約等の変更
1. 当社は、本サービスの内容を自由に変更できるものとします。
2. 本規約の内容は、当社及び利用企業の書面による合意によってのみ変更することができるものとします。

第22条 連絡/通知
本サービスに関する問い合わせその他利用企業から当社に対する連絡又は通知、及び当社から利用企業に対する連絡又は通知は、当社の定める方法で行うものとします。

第23条 本規約の譲渡等
1. 利用企業は、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。
2. 当社は本サービスにかかる事業を第三者に譲渡(事業譲渡、会社分割その他態様の如何を問わないものとします。)した場合には、当該譲渡に伴い利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びに利用企業の利用企業情報その他の顧客情報を当該譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、利用企業は、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。

第24条 完全合意
本規約は、本規約に含まれる事項に関する当社と利用企業との完全な合意を構成し、口頭又は書面を問わず、本規約に含まれる事項に関する当社と利用企業との事前の合意、表明及び了解に優先します。

第25条 分離可能性
本規約のいずれかの条項又はその一部が、法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有し、当社及び利用企業は、当該無効若しくは執行不能の条項又は部分を適法とし、執行力を持たせるために必要な範囲で修正し、当該無効若しくは執行不能な条項又は部分の趣旨並びに法律的及び経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。
第26条 存続規定

第7条(未払がある場合に限ります。)、第8条第2項、第9条第2項、第10条、第11条第3項、第12条から第14条まで、第15条第2項から第4項まで、第16条から第19条まで、及び第23条から第27条までの規定は利用契約の終了後も有効に存続するものとします。但し、第18条については、利用契約終了後3年間に限り存続するものとします。

第27条 準拠法及び管轄裁判所
本規約の準拠法は日本法とし、本規約に起因し又は関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第28条 協議解決
当社及び利用企業は、本規約に定めのない事項又は本規約の解釈に疑義が生じた場合には、互いに信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。
【2018年4月15日制定】

Contact

Company

会社名
444株式会社(英語表記444 Inc.)
代表取締役社長
薗田 正和
創立
2017年10月5日
資本金
41,200,000円
事業年度
10月1日から9月30日
株主
薗田 正和
大和スタートアップ支援投資事業有限責任組合
KLab Venture Partners株式会社
事業内容
ITエンジニアの技術スキルを見える化する「TechFUL」の企画・開発・運営
プログラミングコンテスト・ハッカソンの企画・運営
新卒・中途採用コンサルティング
人事コンサルティング
住所
〒104-0053
東京都中央区晴海 3-13-1

公式ブログ更新中

TechFULの中の人

公式Twitter