麻生情報ビジネス専門学校にて
「JavaアプリHackathon2018」を開催!
2日目は情報システム専攻科、
情報工学科の1年生が参加!

444株式会社(本社:東京都中央区晴海 3-13-1、代表取締役社長:薗田正和、以下444)は、444が提供するプログラミングスキルを定量的に診断し、学生のスキルを見える化し、成長履歴を残す「TechFUL(テックフル)」を活用し、麻生情報ビジネス専門学校の授業の一環として、昨年に引き続き、「JavaアプリHackathon2018」を実施いたしました。

真剣に説明を聞くみなさん

麻生情報ビジネス専門学校での「JavaアプリHackathon2018」2日目は、情報システム専攻科と情報工学科の1年生を対象に約70名が参加し、Java言語で実施しました。制限時間は3時間30分、入学後1年間で身につけた技術や知識の全て出し切りながら、プログラミング能力を競い合いました。

この日のイベントは、仲間でありライバルでもある同級生に負けたくないという気持ちが伝わるイベントでした。また急遽、上級生の2年生も参加、先輩としての意地を見せていました。

真剣に説明を聞くみなさん

TechFULを利用したプログラミングハッカソンは、普段授業では経験できない、より実戦に近い環境で、集中的してプログラミングを行い、リアルタイムに順位が表示されるなど、楽しみながら、緊張感を持ってチャレンジできます。

結果発表の懸念撮影

また、資格や学歴にとらわれず、プログラミングのスキルを就活に役立ることができ、専門学校や大学でTechFULを利用した授業やプログラミングハッカソンが実施されています。

444は、今後TechFULを大学・専門学校での授業やプログラミングハッカソン、テストなどでの利用、企業での採用や評価、育成、イベントに利用できるサービスを実現してまいります。

イベント情報

日時
2018年1月23日(火)
09時30分〜 学生集合
10時00分〜10時30分 イベント説明
10時30分〜12時00分 ハッカソン実施
12時00分〜13時00分 休憩
13時00分〜15時30分 ハッカソン実施
15時30分〜15時40分 休憩
15時40分〜16時30分 結果発表、表彰、解説
開催地
麻生情報ビジネス専門学校 福岡校
参加費
無料

Contact

Company

会社名
444株式会社(英語表記444 Inc.)
代表取締役社長
薗田 正和
創立
2017年10月5日
資本金
41,200,000円
事業年度
10月1日から9月30日
株主
薗田 正和
大和スタートアップ支援投資事業有限責任組合
KLab Venture Partners株式会社
事業内容
ITエンジニアの技術スキルを見える化する「TechFUL」の企画・開発・運営
プログラミングコンテスト・ハッカソンの企画・運営
新卒・中途採用コンサルティング
人事コンサルティング
住所
〒104-0053
東京都中央区晴海 3-13-1

公式ブログ更新中

TechFULの中の人

公式Twitter