Press Release

最新情報をチェック

麻生情報ビジネス専門学校にて
Javaアプリハッカソン実施

- Jan. 29, 2020

444株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:薗田正和、以下444)は、 444が提供するプログラミングスキルを定量的に診断し、学生のスキルを見える化 し、成長履歴を残し、就職活動などができる「TechFUL(テックフル)」を活用し、 麻生情報ビジネス専門学校にて、第4回目となるハッカソンを実施いたしました。

 

今回は、麻生情報ビジネス専門学校 情報システム専攻科の1年生の学生を対象に プログラミングコンテストを実施しました。

初日は96名、2日目は76名の合計172名の学生が日頃の学習成果の力比べとして参加 しました。 両日とも問題数は43問、制限時間は3時間30分で、いくつかの教室に分かれて実施 しました。学生は今まで勉強して身につけたJavaのスキルを駆使してプログラミング の問題に取り組みました。普段の授業のように指示されたコードを書くのではな く、本やネットの情報も参考にしつつ、求められる要件を満たすものを「自ら考え て作り出す」、より業務に近い体験となりました。

 

 

コンテスト中は前方のスクリーンにリアルタイムでランキング上位の学生を表示して いたため、学生も緊張感を持って取り組んでいました。午前中は戸惑っていたものの、 休憩時間に同級生と解き方のコツなどの情報を共有し、午後から大きく成績を伸ばす 学生も多く見られました。

 

 

長時間に渡ったプログラミングコンテストの結果、ランキング上位に入った3名には 賞状とAmazonギフト券が贈られました。

TechFULを利用したプログラミングハッカソンは、普段授業では経験できない、よ り実戦に近い環境で、集中してプログラミングを行い、リアルタイムに順位が表示さ れるなど、楽しみながら緊張感を持ってチャレンジできます。

 

 

また、資格や学歴にとらわれず、プログラミングのスキルを就活に役立ることがで き、大学や専門学校、高校でTechFULを利用した中間テストや期末テスト、授業や 日々のミニテスト、課題提出やプログラミングハッカソンが実施されています。

444は、今後TechFULを大学・専門学校、高専、高校などの教育機関、学生や企業 が使いやすい機能を順次装備し、学生が成長でき、就活に利用でき、企業が良い人 材を探せるサービスを実現してまいります。

 

 


記事一覧に戻る

最新記事

東北電子専門学校 プログラミングハッカソン

東北電子専門学校 プログラミングハッカソン

Feb. 18, 2020

記事を読む
名古屋工学院専門学校 プログラミングコンテスト

名古屋工学院専門学校 プログラミングコンテスト

Feb. 14, 2020

記事を読む
吉田学園情報ビジネス専門学校 第4回Jo:Bi-Con

吉田学園情報ビジネス専門学校 第4回Jo:Bi-Con

Feb. 7, 2020

記事を読む
麻生情報ビジネス専門学校 「Javaアプリハッカソン2020」

麻生情報ビジネス専門学校 「Javaアプリハッカソン2020」

Jan. 29, 2020

記事を読む