TechFUL PRO

人工知能など、先端技術の能力を測定し「見える化」する、新たな「先端技術力測定」プラットフォームです。北海道大学 大学院情報科学研究院 山本雅人教授と共同開発したコンテンツは、基礎力から応用力まで対応しており、人工知能やデータサイエンスなどの先端技術を本質的に理解し習得し、スキルの見える化が可能です。

TechFUL PROでできること

必須基礎問題

画像分類

自然言語処理

データサイエンス

Comming soon...

音声認識

TechFUL PRO開発ストーリー

北海道大学 大学院情報科学研究院山本雅人教授インタビュー

北海道大学 大学院情報科学研究院にて、深層ニューラルネットワークを用いた人工知能技術や人工生命の研究に携りながら、その基礎技術である「組み合わせ最適化」の技術(1)やニューラルネットワークなどを用いた機械学習(2)の講義を受け持つ。

社会で必要とされている技術者は、単に「ツール」を使いこなせる者ではない。開発したソフトウェアを応用する分野に関する知識臨機応変にカスタマイズできる能力を持った者。

TechFUL事業部:TechFUL PROはどのような想いで開発されましたか?また、どのような人に使って頂きたいですか?

山本教授:人工知能(AI)についての教材や記事はどんどん増えていき、多くの人にとってAIはより身近な話題となっていきます。

しかし、基礎知識を知らなくても使うことのできるような「ツール」の使い方を解説しているものが多く、系統立てて人工知能技術を学ぶ機会が失われつつあるように感じていました。

そんな中、基礎から応用までを学習できるシステムで、より多くの人工知能技術者を育てたい、さらにプログラミングやその応用知識に興味を持ってくれる人を増やしたいという想いを薗田社長と共有していく中で、TechFUL PROを開発する機会をいただけました。

学生/一般の方

まずは好きなコンテンツを選択し、必須基礎問題に挑戦しましょう。必須基礎問題をクリアすることで、初めてPRO問題へ挑戦することができるため、基礎知識から身につけたい人や人工知能の学習を初めてする人も壁を感じることなく取り組むことができます。

教育機関の方

必須基礎問題から、人工知能を実装する能力、データサイエンス能力を測定、可視化する問題を取り揃えており、高度なIT教育を学生に提供することができます。また、基礎問題よりステップアップした「PROセッション」をテストや期末試験にご活用下さい。

企業の方

ITエンジニアの入社テスト、社内エンジニアの教育・育成・研修、採用イベント等に利用でき、最先端技術、高度IT人材の採用や評価を効率よく、正確に行うことができます。